研究活動

    研究所オペラ演奏研究部門は年間の研究テーマを決定し次のような活動をしている。

1. 研究テーマに沿った大学院授業「プロジェクトⅠ、Ⅱ」の開催(通年、隔週、13~15回)

  • イタリアオペラ演奏法研究(レッスン・演習と試演会)
  • イタリアオペラ台本研究(演習)
  • イタリアオペラ舞台演技研究(演習)
  • 外部講師による講演とレッスン

2. 演奏会やオペラ公演の開催 
 以下の年次公演のチラシはこちらをご覧下さい

  • 2007年度 演奏会「日本語と歌・オペラ」開催-2007/11/7-
  • 2008年度 演奏会「オペラ “La Rondine” とプッチーニの名場面」開催-2008/12/12-
  • 2009年度 オペラ「つばめ La Rondine 」全3幕上演-2009/11/8-
  • 2010年度 オペラ「友人フリッツ L’amico Fritz 」全3幕上演-2011/3/5-
  • 2011年度 オペラ「ノイローゼ患者の一夜」全1幕上演-2012/2/25-
  • 2012年度 オペラ「ノイローゼ患者の一夜」「内気な二人」各全1幕上演-2013/1/13-
  • 2013年度 生誕200年記念「ヴェルディの声くにたち」演奏会-2013/10/27-
  • 2013年度 オペラ「フィレンツェの麦わら帽子」(抜粋)「運転教習所」「かしこいリス」上演-2014/3/1-

3.「音楽研究所年報」の発行

 以下は「研究所年報」から抽出したオペラ部門の活動報告です