立ち稽古、開始!

◇2015.01.26
昨年よりちょっと遅いですが、昨日から「フィレンツェの麦わら帽子」本格的な立ち稽古が始まりました。
初日は期待される若きホープたちが集合して演出の中村敬一先生から演技指導を受けました。いよいよ物語、音楽が、舞台上に視覚化されてゆく、オペラ作りの中で一番わくわくする瞬間です。
シャンピニー侯爵夫人役(メッゾ・ソプラノ)の中川香里さんは、大学院オペラ科を修了したばかりで、幅広い音域をカバーする柔らかくて豊かな響きと、舞台映えするスマートで大柄なシルエットが特徴です。
第一幕に登場の不倫カップルの片割れ、軍曹役(バリトン)の清水勇磨さんも大学院オペラ科を修了し、昨年の東京音楽コンクールに入選、深くて柔らかい自然なイタリアの声を持つ成長株筆頭で、今回の舞台での大活躍が期待されます。
もう一人は主役のファディナール役(テノール)に抜擢され、今回、古巣の国立に久しぶりの登場を果たす金山京介さん。国立の学部から東京芸大の大学院オペラ科に進み、修了したばかりの、今や大活躍の期待の大型テノールです。昨年より数々の重要な公演に抜擢されますます期待が膨らんでいます。
今回の主役のテノール、ファディナールは、19世紀イタリアオペラの屋台骨であったベルカントの正統な流れをくむ声を必要とし、幅広い音域をカバーする明るくて滑らかな声と、ロッシーニに代表される曲芸的なアジリタなど職人的な声楽技術が求められる大役です。金山さんの大活躍に期待しています。
ニーノ・ロータは、そんな19世紀レパートリーのオペラ・ブッファを素晴らしく軽快で爽快な音楽で再現し、誰でも、無条件で笑いの渦に巻き込んでしまうような痛快なイタリアン・コメディーと、エンターテインメントを創り上げています。
この3人の期待のホープたちを取り囲む、実力派の素晴らしいキャスト達も間もなく合流してきて、ドラマに、音楽に、生命が注ぎ込まれていきます。
期待ばかりが膨らむ立ち稽古初日でした。

カテゴリー: オペラ公演, コレペティ, 告知, 歌手, 演出, 演奏会 パーマリンク